SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

ダンケ仲間ブログ

ここには、ふれあいショップ ダンケにかかわる仲間たちの自由な思いを掲載するブログです
<< ダンケの意味 | main | 最近の俺の事 >>
どちらをとるか!
0
     最近、ダンケの活動が幅広くなってきました。居場所として・販売店・教育の場・コミュニティーの場・相談等。多くのことに利用されています。
     そんな中、利用する方が増え、スタッフから活動を整理するように提案がありました。本来のダンケの目的を検討し、相談による生活改善と自立に向けての活動を重視していくようにとの提案でした。19年4月から地域活動支援施設として利用者支援を提供していますが、最近になってあらゆる面でのスキルアップが求められます。支援者の方々が研修・学習に意欲的になって来られ、言葉や接し方が変化してきました。今後の方向性を明確にする時期に来たのかも知れません。
    | - | 16:19 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    重度障害児童の支援をしております。自立に向けての支援はとてもエネルギーと愛情がいりますね。単に経済的な自立ではなく、支援者に頼り過ぎずに生きることや、人と強調しながら自己選択、決断していく知恵を持つことも自立の形でしょうか…障害に甘んじてきた人は心理的な自立も大きな課題になりますし、障害程度の自覚がない方は、就労や自活を無理やり進めて失敗を積み重ね、自信をなくしていくこともあるようです。
    支援者もまた、自分の思い描いた自立させるフォローがうまくいかず、なぜ分かってくれないのかとジレンマに陥ることもあるかと思います。
    新米の支援者や精神科医の挫折はよくあることですが、熟練した人でも、患者への思い入れが強くなって、かえって相手を病人のままでいさせるような失敗や、やり過ぎるゆえの苦しさで潰れ、施設として有能な人材を失うケースさえあります。既に自立しているはずの支援者側こそ、自分の内面フォローが不可欠ですね…

    | | 2009/04/26 12:05 AM |










    http://nakama.f-danke.org/trackback/45
    SEARCH THIS SITE.
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE
    OTHERS